女性向けも銀行系カードローンは2種類あります

銀行系カードローンの種類の違い


銀行系カードローンには銀行本体が発行しているものと、銀行の子会社やグループ会社が発行しているものの2種類があります。
銀行本体が発行しているものは、銀行の個人向け消費者ローンそのものであって、銀行の子会社やグループ会社が発行しているものは、金融会社のローンになります。
個人借入のいわゆる総量規制の対象になるのは後者であって、銀行本体のローンは総量規制の対象外です。

借入先の違いは借り入れ総量にかかわってきます

銀行本体のローンはグループの保証会社が保証している形態のものがほとんどであって、金利に保証料が含まれています。
それでも、融資の資金源は銀行が預かっている低金利の預金ですので、子会社やグループ会社のローンと比べると金利は低くなっているのが一般的です。
子会社やグループ会社の融資の資金源は、所属しているグループの銀行およびその他の金融機関からの借入金に依存していますので、その借入金利負担が融資金利にも反映されているからです。

新規に銀行傘下になった消費者金融グループがあります

銀行本体のローンと子会社やグループ会社のローンでは、金利のみならず借入限度額や返済方法も異なる場合がありますし、審査基準も異なります。
利用できるATMは共有化しており、利便性の観点では銀行グループ全体として共通になっていますが、顧客層も異なります。
その理由の一つは、銀行グループの消費者金融会社は、元々は独立した会社だったものが、近年になって銀行フループの傘下に入ったからです。
当然のことながら傘下に入る前の顧客も多数残っています。
所得水準では銀行本体のカードローンの利用者の方が高くなっています。
銀行グループの傘下に入る前の消費者金融の利用者は、銀行でカードローンを申し込んでも審査に通るのが難しい客層が多かったからです。