キャッシングと消費者金融について

どこからお金を借りるのが良いのか?

お金は色々な金融機関から借りることができるので、自分に向いている所がどこなのか分かりづらい所があります。
お金を借りるためには審査を通らないといけませんし、自分の収入だとどこで借りれるのか考えてしまいます。
借入はキャッシングともいいますが、このキャッシングとは昔は違う意味で使われていました。

意味が変容してきた「キャッシング」

元来キャッシングとはお金を借りることではなく、お金を引き出す意味が強かったです。
それがいつの間にかお金を借りる意味が強くなったのですが、今では消費者金融でお金を借りることもキャッシングと言うようになりました。

消費者金融で「キャッシング」!?

そのキャッシングと消費者金融の関係については、他の金融機関と同じく借入の形でお金を融資してもらえます。
消費者金融でキャッシングする時の特徴としては、他の信販系や銀行系に比べ審査が簡単です。
普通金融機関で審査を受けると数日はかかり、長い場合は一月ほどかかることがあります。
それが消費者金融で審査を受けた場合は数十分で終わることもあり、短時間で借りることが出来ます。
審査条件も銀行などと違って厳しくなく、ある程度の収入があればまず貸してくれます。

高金利で怖ろしいというイメージは変わった?

消費者金融というと気になるのは金利ですが、昔は金利の制限が緩かったのでこのタイプの金融機関は高金利でした。
ですから昔は消費者金融でお金を借りるのは良くないといわれていましたが、最近は金利の制限が強くなって変わってきました。
今の金利は銀行も消費者金融もあまり変わらず、良い条件で借りることができれば消費者金融のほうが安いこともあるくらいです。
そして消費者金融にはある期間金利を免除する制度をしている所があるので、そういう所で借りれば殆ど金利負担がなく借りることが出来ます。