借入金額を決めるキャッシング審査の流れ

キャッシングの審査について

キャッシングを希望している方がは、まず審査に通る必要があります。
この審査はインターネットや郵送、電話等から申込が出来ます。
最近ではスマートフォンやインターネットの普及により、全てのやりとりがインターネットで行われる審査もあります。
まず所定の申込をした後に審査が開始されます。

申し込み方法によってかかる日数は変わります

インターネット申込では最短即日に行われることもあります。
郵送の場合は必要書類が到着後、審査をはじめるため日数がかかります。
審査では申込者の情報確認、現在の収入や勤務先を確認し返済能力があるかどうかを判断されます。

キャッシング審査で問われるポイント

申込者の情報を確認するためには身分証明証が必要となります。
運転免許書やパスポートの写しを提出する必要があります。
申込者の個人情報に間違いがないかの確認をはじめ、金融機関や消費者金融で共有している情報と照らし合わせをします。
これは過去にどこかから借入をし、遅延していないかどうかの確認も同時に行われます。
その為、偽って申込をした場合でも判ってしまうため、間違いのない様にしっかり確認してから申込をした方が良いです。
虚偽があった場合はこの時点で審査に落ちてしまいます。

勤務先と年収が問われます

そして次に行われるのは現在の収入の確認です。
これは収入を証明できる給与明細書をはじめとした、所得証明書や源泉徴収票の提出が必要です。
この項目で返済の能力があるかどうかも確認されます。
収入に見合ってない借入は難しくなるということです。

返済能力が問われています

次に勤務先を確認できるものを提出します。
これは給与明細書など、収入を証明できる書類と同じものが多いです。
勤務年数が長いほど信用が高くなります。
しかし勤務年数が短いと評価が低いため、希望借入額が減額される恐れがあります。
キャッシング審査では上記のポイントを確認され、返済能力があると判断された場合のみ、借入が可能です。
審査基準に自分が満たしているかどうかを確認してから、申し込むと良いです。