知らないと損をするキャッシングでの失敗について

キャッシングの注意点


キャッシングを利用する際、初めてであるなしに関わらず知っておくと得をするポイントがあります。
その点を良く理解して、少しでも損をしないように賢くキャッシングを利用してください。
まず、知っておくべきポイントは「金利」に関してです。

借金は「金利」がポイント

銀行系・消費者金融系などを問わず、キャッシングを利用する場合には必ず必要となるもので知らないと後々大きな後悔の種となる可能性があります。
大切なことは「出来る限り低い金利で利用すること」です。
金利が高くなればなるほど、実際の返済額には違いが出てきます。
ごく短期間の取引であれば意識するほどでもありませんが、中期~長期間の取引や金額が大きくなるにつれてその影響は大きくなります。
契約の際には十分に注意してください。

「金利」の種類に要注意!

更に、その中でも特に注意するポイントがあります。
それは「金利の種類」に関してです。
一口に金利と言ってもその表現に含まれるものは一つではない為、知らないと確実に見逃してしまいます。
まず知っておくべきものは「アドオン利率」と「実質年率」と言う言葉です。
詳しい説明に関しては割愛しますが、借り入れの金額に対して諸経費など実際に必要となる費用を「含めない・含める」で年間に必要な費用の割合を表しているものです。
つまり全く同じ金利率であれば後者の表現の方が安くなると言う訳です。

借金のトラブルは未然に防ぐのが大切

現実的には行政などの指導によりアドオン利率のみで契約書に表記することはしないようにと指導されていますので、遭遇する機会は多くはありませんが、万が一知らないと後々余計な費用が必要になるなどのトラブルの原因となってしまう場合もあります。
以上のように「金利」と言うものに関して非常に簡単に説明しましたが、それでも少々難しいないようになります。
このような内容を知ってこそ、キャッシングでの失敗を回避することができますので、十分に情報を収集してください。